妊娠「適正体重」を知ろう

太りすぎも、痩せすぎも×。

肥満・痩せすぎは、月経不順を引き起こします。

月経不順は排卵が正常に行われなくなるので、妊娠しにくい体質になってしまうので大変です。

どうしてこのような事が起こるのかを解説しましょう。

まず、肥満体型では、血糖値が上がりやすくなるため、血糖値を下げるためにインスリンが

大量分泌される体質になりがちです。

こうなると男性ホルモンの分泌量が増加して、排卵障害が起こりやすくなって妊娠しにくい体質となるのです。

反対に、痩せてしまうと、妊娠した時に子宮の中で胎児を育てる重さに耐えられないので、自分の体を守るために自然と妊娠しにくい体質になるといわれています。

これが本当かどうかは定かではありませんが、痩せすぎの体型の方は月経不順の方が多いのです。

このような状態では正常な排卵が行われませんので、妊娠しにくくなります。

では、肥満でも痩せすぎでもない自分の適正体重とは、どうやって知ることができるのでしょうか?

「BMI指数」を計算してみよう。

自分の体重の指標として使われるのは、自分の健康度の指標としても使われる「BMI(Body Mass Index)」です。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

こうして算出された数字が一般的には22.0が一番病気になりにくい理想の体型だという統計が出ています。

一般的に18.5未満が痩せ型で、18.5以上25.0未満が標準とされています。

しかし、妊娠のための肥満は24.0以上と考えましょう。

BMI=24.0以上になるとBMI<24.0の時と比べて不妊率が50%も上昇してしまうという統計も出ています。

BMI<24.0の人はその状態をキープして、22.0<BMI<24.0を維持しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ