運動で、筋肉をつけておく

晩婚化が影響?不妊増加の背景。

母子ともに健康で出産を足し遂げるには、健康な母体が必要です。

いつ妊娠をしてもいいように妊娠前から母体の健康づくりに励みましょう。

実は、いつでも妊娠できる体を持っている若い世代はあまり妊娠を望んでいなくて、30過ぎて体が衰え始めた女性の方が切実に妊娠を望んでいる女性が多いという統計が出ています。

晩婚化が進んだ背景もあるかもしれません。

実は、30代で既に加齢とともに代謝は落ち始め、気付かないうちに少しずつ太りやすい体質に体が変化し始めているのです。

代謝が落ちると体内に脂肪が溜まり、血中濃度も高くなりドロドロ血液になりやすくなります。

高齢に伴う肥満も不妊の原因。

それに肥満は不妊率を高めます。

そうならないために一番手とり場や医方法は運動で筋力をつけておくということです。

ジムに通って筋肉トレーニングをして、年に1度のトライアスロンやフルマラソンに参加するために本格的な訓練をするというわけではありません。

筋肉を使って簡単に運動するだけで良いのです。

買い物ついでに1時間いつもより少しだけ速足で歩いてみるだけでも良いのです。

体重移動を正確に行って筋肉に響くような家事を行ったり、つま先立ちで料理を作ったり、テレビを見ながら腹筋を鍛えたりするような長柄運動でも良いのです。

毎日ストレスなく続けられる軽い有酸素運動が重要なのです。

筋肉を使った有酸素運動でカロリーが消費され、筋肉を使う癖をつけるのです。

筋肉を使えば代謝が上がります。

代謝が上がって血液サラサラ状態にもなります。

血流不全によって妊娠した時に胎児が栄養不足になるなんて心配もいりません。

30代で出産をしたいなら、20代からいつでも出産できる体質作りを心掛けておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ