妊娠しやすくなる食事ってあるの?

食生活の会税意を心がけよう!

hunin

摂取カロリーが多い、ビタミン・ミネラル不足、食物繊維不足、インスタントや加工食品はもってのほか!

食品添加物や残留農薬の多量摂取、不規則な食生活、これらは独り暮らしの社会人女性に多い食生活の特徴です。

仕事の忙しさから独りだから簡単なもので、また、朝時間がなくて朝食を抜く等食生活の不規則や運動不足にもなりがちです。

その結果、現代の社会人女性は、冷え症や貧血症状を抱え、仕事やさまざまのストレスも加わり、ホルモンバランスの不調を訴え、重篤な場合は、早期閉経に陥ってしまう女性もいるくらいです。

このような状態では、体が妊娠できる状態にないといっても過言ではありません。
妊娠したいなら、食生活から改善していきましょう。

カラダを温めるバランスの取れた食事。

1日の摂取品目は、たんぱく質・カルシウム・カロチン・ビタミンC・糖質・脂肪⑥食品群をバランスよく摂取するようにしましょう。

朝食は、和食が良いでしょう。

ご飯と具だくさんお味噌汁と目玉焼きにキンピラ牛蒡等。

おみそ汁の具には海藻や豆腐・大根・人参朝だけでも6項目の栄養は全て摂取できます。

お昼にはパンと牛乳とヨーグルトと果物にポテトサラダなんてどうでしょう。

夕食にはご飯とお肉・或いはお魚、野菜(サラダや緑黄色野菜)スープまたはお吸い物等、デザートに果物なんて食しているとバランスのとれた食生活といえるでしょう。

また、体を温める食生活をすることも大切です。

体を温める食品とは赤と黒と黄色の食材だといわれています。

反対に白・青・緑の食材は体を冷やします。

体を冷やす食材でも発酵させたり塩漬けにしたり、野菜は温野菜にしたりすると体を温めます。

朝から漬物・ぬか漬けを食べるのは昔の人の知恵ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ